随縁 大萱に集う陶芸家たち

こんにちは、十三夜の須藤です。
只今開催されている「 随縁 大萱に集う陶芸家たち 」。

さて、大萱とはどこ?と思っている方がいらっしゃるかもしれませんね。
それは、岐阜県可児市久々利大萱という地区なのです。
なぜ、この土地をご紹介するのかといいますと、
昭和初期に故荒川豊蔵氏(人間国宝)が岐阜県可児市久々利大萱にて古志野筍絵の陶片を発見され、これにより桃山時代の志野が美濃で焼かれていたことが実証されました所なのです。
数年後荒川氏は大萱に工房を構え、それまで衰退し途絶えていた志野を再興、再現することに成功したのです。
そうまさに、桃山陶源流の地!

それでは、今はどうなっているのか。
この桃山陶源流の地より恩恵を受け、縁に随い作陶を展開する若手六人の作品達から、その答えを、十三夜とご一緒に探っていただきたいと存じます。

今回はのテーマは、「 夜を楽しむうつわ 」です。
こちらにも作品写真を掲載しています。
https://www.facebook.com/galleryjusanya

加藤裕子作 黄瀬戸 皿 弥七田おりべぐい吞

加藤裕子作
黄瀬戸 皿
弥七田おりべぐい吞

加藤裕子作 織部 向付 織部 向付

加藤裕子作
織部 向付
織部 向付

黒岩達大作 灰釉鉢 氷瓷湯呑

黒岩達大作
灰釉鉢
氷瓷湯呑

黒岩達大作 緑釉 手鉢

黒岩達大作
緑釉
手鉢

瀧口大喜作 織部千鳥向付 織部面取り湯呑

瀧口大喜作
織部千鳥向付
織部面取り湯呑

瀧口大喜作 鉄釉織部向付 ひつじ箸置

瀧口大喜作
鉄釉織部向付
ひつじ箸置

樋口雅之作 志野 碗 鼠志野 小鉢

樋口雅之作
志野 碗
鼠志野 小鉢

樋口雅之作 鼠志野 角皿 志野 酒吞

樋口雅之作
鼠志野 角皿
志野 酒吞

山下幾太郎作 掛分どんぶり 鉄黒釉抜カップ

山下幾太郎作
掛分どんぶり
鉄黒釉抜カップ

山下幾太郎作 底幾何文長皿 裏 底幾何文長皿 表

山下幾太郎作
底幾何文長皿 裏
底幾何文長皿 表

吉田真人作 志野 湯呑 染付 湯呑

吉田真人作
志野 湯呑
染付 湯呑

吉田真人作 黄瀬戸輪花小鉢 白磁輪花片口鉢

吉田真人作
黄瀬戸輪花小鉢
白磁輪花片口鉢

吉田真人 土灰釉 片口 土灰釉 酒盃 志野 酒盃

吉田真人
土灰釉 片口
土灰釉 酒盃
志野 酒盃

カテゴリー: 日々のこと   パーマリンク

随縁 大萱に集う陶芸家たち への1件のコメント

  1. ピンバック: 志野 吉田真人展 | 十三夜物語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>