木漆芸 北原進 展

こんにちは、十三夜の須藤です。
やっと秋晴れが続くようになりましたね。

只今十三夜では、「木漆芸 北原進展」を開催中です。
工芸の素材の中で、その質を見極めるのが難しいのが漆ではないかと思うこの頃。
それは、木地が見えないことと、工程が多いことが原因ではないでしょうか。
本当に木を使っているのか?天然漆かどうか?
どんな下地処理をしているのか?どれだけの塗り工程が行なわれたのか?

これらのことは、ただ品物を見ただけではわかりません。
一つの目安になるのは値段と言われますが、それも確実ではありません。

そこで、実際に作っている人の話を聞くということが大事になります。
そして信頼できる人から購入することが、長持ちする漆器を手に入れることに繋がります。
漆器は、漆や木材の貴重さや、制作工程を考えると決して高いものではありません。
しかし衝動買いできるお値段ではないので、じっくり長く愛用できるものを探したいですね。

北原進さんは、漆塗りはもちろんのこと木地作りからご自分で制作されています。
どんな木材を使用し、どんな工程で作っていらっしゃるのかをきちんと説明してくださいます。

23日(日)も進さんが在廊くださいます。
是非この機会に、じっくりお話を伺ってみませんか。
皆様のお越しをお待ちしております。

Facebook https://www.facebook.com/galleryjusanya/

@jusanya.staff https://www.instagram.com/jusanya.staff/

螺鈿六角ジュエリーBOX

螺鈿六角ジュエリーBOX

螺鈿六角ジュエリーBOX

螺鈿六角ジュエリーBOX


うるみ油つぎ花入れ

うるみ油つぎ花入れ


すみ丸二段弁当箱

すみ丸二段弁当箱

カテゴリー: 日々のこと | コメントをどうぞ

ガラス 佐々木伸佳 展

こんにちは、十三夜の須藤です。
只今、「ガラス 佐々木伸佳展」を開催中。
青、白、緑、黄、赤などなど。
今回は、色の種類が増えて華やかな展示になりました。
佐々木さんは、8日(土)の午後、9日(日)に在廊くださいます!

実際に見て頂くのが一番ですが、作品に飲みものをいれるとどんな風になるのかをご紹介。

線銀彩ロックグラス

線銀彩ロックグラス

右が、水をいれた状態です。水面にも紋様があるかのようですね。
水が鏡の役割を担い、作品底の紋様が映りひろがる。
使用した時にだけ見る事ができる表情をお楽しみくださいませ。

網目模様ぐい呑

網目模様ぐい呑

左は、そこの模様が一段ですが、右は二段あります。
二段あるとどんな見え方になるのか・・・・・。
作品を真上から覗くと、一段目と二段目の模様が重なり合い、複雑でとても面白く初めて見る表情。
こちらは実際に見て頂くのが一番かと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

Facebook https://www.facebook.com/galleryjusanya/
@jusanya.staff https://www.instagram.com/jusanya.staff/

カテゴリー: 日々のこと | コメントをどうぞ

唐津 木俣薫展

こんにちは、十三夜の須藤です。
台風がやってくるこの季節、気候が不安定ですね。
自然は恵みであり、脅威でもある。
そんなことを感じる機会が多くなっているのではないでしょうか。

土、釉薬、そして焼成と、自然の恩恵を受けて制作される陶器。
蒔を使って焼く窯は、その時の気候も焼きあがりに影響すると言います。
また形には、その時々の作家の気持ちがあらわれると感じます。

毎年一度9月に開催する木俣さんの個展。
どんな作品が見られるのか、楽しみにされている方も多いですね。
最近力をいれていらっしゃる天然呉須を使った斑唐津碧彩作品がメインとなり、艶やかな高麗黒、人気の無地唐津の作品などをご出展いただいています。
25日(日)まで開催しておりますので、是非お立ち寄りくださいませ。

Facebook https://www.facebook.com/galleryjusanya/
@jusanya.staff https://www.instagram.com/jusanya.staff/

高麗黒面取鶴首草文花入

高麗黒面取鶴首草文花入

斑唐津碧彩片口

斑唐津碧彩片口

右:斑唐津平盃 中:無地唐津ぐいのみ 左:斑唐津碧彩平盃

右:斑唐津平盃
中:無地唐津ぐいのみ
左:斑唐津碧彩平盃


斑唐津碧彩湯呑

斑唐津碧彩湯呑

斑唐津皮鯨6寸片口浅鉢

斑唐津皮鯨6寸片口浅鉢


高麗黒4.5寸八角足向付

高麗黒4.5寸八角足向付

カテゴリー: 日々のこと | コメントをどうぞ

須賀文子 作陶展

こんにちは、十三夜の須藤です。
まだまだ暑い日が続きますが、朝と夜は少しずつ涼しくなってきている気がしませんか?
もう秋ですからね。
そんな中始まっております「須賀文子 作陶展」。

岐阜県恵那市で作陶されている須賀文子さんの展示会は二回目。
その作品は、古陶から学びつくる美濃焼と、若い女性らしい感性溢れるものと分れます。
お客様からも、同じ方が作っているのですか?とよくご質問をいただきます。
それは、興味関心事の幅広さが、作品にいかされているからではないでしょうか。
今、興味のあるもの、今、作りたいもの。
展示会はいつも、須賀さんの「今」が良くあらわれています。
だから面白く、飽きず、そのお人柄も含めお客様に愛されているのだと感じます。

8月27日(土)、28日(日)は須賀文子さんが在廊くださいます。
是非遊びにいらしてくださいませ。
お待ちしております。

Facebook https://www.facebook.com/galleryjusanya/
@jusanya.staff https://www.instagram.com/jusanya.staff/

ビールジョッキ 志野 ビールジョッキ ビアマグ 猫箸置

ビールジョッキ
志野 ビールジョッキ
ビアマグ
猫箸置

瀬戸黒 片口 瀬戸黒 ぐい呑

瀬戸黒 片口
瀬戸黒 ぐい呑

マグカップ

マグカップ

マトリョーシカ蕎麦猪口

マトリョーシカ蕎麦猪口

カテゴリー: 日々のこと | コメントをどうぞ

夏休みのお知らせ。

十三夜の須藤です。
夏らしい日差しと暑さになってきましたね。
誠に勝手ながら、十三夜は夏休みを頂戴いたします。

次回の展示会は8月20日(土)からはじまります。
「須賀文子 作陶展」
若い女性が、蒔窯で焼成しつくりあげる、渋い作品から可愛らしい作品まで幅のひろい美濃焼が登場いたします。

しばらく続きそうなこの暑さ、皆様くれぐれもご自愛くださいませ。

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ